ときには写真を

アクセスカウンタ

zoom RSS 初詣に燈明台に参拝する

<<   作成日時 : 2017/01/04 09:00   >>

ナイス ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 22

新年早々、奇妙なタイトルで始まりました、新年明けましておめでとうございます。
さて、この燈明台についての謂れです。

橋大神宮灯明台(ふなばしだいじんぐうとうみょうだい)は、千葉県船橋市にある灯明台である。千葉県指定の有形民俗文化財になっている。
概要[編集]
江戸時代、船橋大神宮境内には常夜の鐘があり、夜間に沿岸を航海する際の目安にされていたが、1868年(慶応4年)に起きた戊辰戦争の戦災によって焼失してしまった。その為本格的な施設の再建が望まれ、地元有志らの寄付によって同大神宮境内の小高い丘(標高27m)に船橋大神宮灯明台が建てられた。建造地にはかつて浅間神社があったことから「浅間灯明台」と呼ばれていた。
1880年(明治13年)の設置から1895年(明治28年)に停止するまで、「政府公認の民設灯台」として機能していた。光源の石油ランプに錫製の反射鏡を組合わせた構造となっており、光は11km(6海里)先まで届く程だったといわれる。1階と2階は和風で、3階の灯室が西洋風の造りとなっている

というもので毎年、正月の三が日のみ開放されており、今年も参拝を兼ねて行ってまいりました。

やや出遅れの感がありますが、本年も宜しくお願い致します。


画像



画像



画像



画像



画像



画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
正月三が日だけの開放ですけ、貴重な3日間ですね。
とても良く保存されているように見えます。
吹き抜けになっているのが開放的でステキですね(^^)。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
ひぽたん。
2017/01/04 12:03
新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致し ます。
ピノキオ
2017/01/04 14:45
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します
今でも灯りが灯ったら素敵でしょうね
ジュン
2017/01/04 16:38
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

内部が和風な灯台は、
とても珍しいものですね。
貴重な一般開放の機会に
ご覧になれてよかったですね。
ふーう
2017/01/04 17:02
明けましておめでとうございます
橋大神宮灯明台を見せていただき、私も新たな気持ちになれました。
今年もよろしくお願いします。

pass子
2017/01/04 17:38
あけましておめでとうございます♪
三が日だけの公開なんですか。
一般公開は貴重ですね。内部が
和風造形になっているのですね!
見られて良かったですね。
今年も優しい楽しいお話を楽しみに
しています。
本年も宜しくお願いいたします。
ぷりめいら
2017/01/04 17:46
明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

燈明に一年の無事を祈る
心新たにスタートですね
無門
2017/01/04 19:04
あけましておめでとうございます。
面白い建物ですね。
当時としては先端技術で造られたのでしょうね。
今年もよろしくお願いいたします。
イッシー
2017/01/04 20:15
あけましておめでとうございます
貴重なお写真をありがとうございます
今年もブログ更新を楽しみにお伺いします
本年もどうぞよろしくお願いいたします
まー
2017/01/04 21:40
ひぽたん。さんへ
此方こそ宜しくお願いします。
保存状態は大変良く手入れ清掃も行き届いている様に見受けました。入れるのは2階まででランプ室が下から望めるのが面白いです。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 12:31
ピノキオさんへ
新年明けましておめでとうございます。穏やかで明るい正月を迎え幸先の良いスタートとなり、種々の不安を一掃する様な年の予感がします。本年も宜しくお願い致します。
コメントをお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 12:37
ジュンさんへ
明けましておめでとうございます。
そうですね、灯りが灯れば真っ先に撮りに行くのですが、残念ながらもう灯る事は無い様です。洋風のランプハウスが印象的でした。本年も宜しくお願い致します。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 12:55
ふーうさんへ
明けましておめでとうございます。
年に数回しか入れないので3が日の公開日には必ず行く様にしています。毎年変わる事は無いのですが、中に入り急な階段を登ると何となく気分が新たになる様な気がしてきます。本年も宜しくお願い致します。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 13:06
pass子さんへ
明けましておめでとうございます。
毎年正月の三が日に訪れる大神宮燈明台、何も変わる事は無いのですが、此処を登ると何となくリフレッシュした気分にさせられます。本年も宜しくお願い致します。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 13:17
ぷりめいらさんへ
明けましておめでとうございます。
毎年変わる事の無い燈明台なんですが、3が日のみの公開という事もあり今年も行ってしまいました。狭くて急な階段を登ると新たな年が来たとう実感が湧いてきます。今年も宜しくお願い致します。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 13:26
無門さんへ
明けましておめでとうございます。
石油ランプの灯火で11km先まで届いたとは夜の明るい現在では想像もつかない事ですが、暗い夜の海から漁船を導いてくれた和式灯台に今年も明るく導いて欲しいとの願いを託してきました。本年も宜しくお願い致します。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 13:33
イッシーさんへ
明けましておめでとうございます。
上の方は洋風で下は和風という和洋折衷の造りが面白いですね、石油ランプの光が11km先まで届いたというのも驚きです。真っ暗闇の海でこの光だけが頼りだった頃は大変重要な灯台であった様です。本年も宜しくお願い致します。コメントをお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 13:48
まーさんへ
明けましておめでとうございます。
明治28年まで活躍した石油ランプの灯台と言う事で今では珍しい存在の様です。綺麗な状態で保存されており、毎年、ここを訪れるのを楽しみにしているのですが、今年も訪れる事が出来、気分も新たに新年を迎える事ができました。本年も宜しくお願い致します。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
毎日日曜人
2017/01/05 14:00
遅ればせながら明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします。よき一年になりますように。
achisi
2017/01/06 22:40
achisiさんへ
明けましておめでとうございます。
年が明けても相変わらずの写真ばかりで恐縮しているところですが、本年も宜しくお願い致します。
毎日日曜人
2017/01/07 13:25
明けましておめでとうございます。
船橋大神宮の灯明台、いい雰囲気ですね。正月三が日のみの公開というのも貴重な感じがします。
建築物としても見事な造形だと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
ミクミティ
2017/01/09 15:09
ミクミティさんへ
明けましておめでとうございます。
明治に入って直後に建造された様ですが、保存状態も良く活躍していた当時の姿をよく留めていました。毎年訪れ、今年も此処に上り新年の決意を新たにした様な次第です。
本年も宜しくお願い致します。
毎日日曜人
2017/01/10 13:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
初詣に燈明台に参拝する ときには写真を/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる