漁網交換作業

この日は抜ける様な青空!、漁港を訪れてみると偶然にも漁網交換作業が行われていました。大きな漁網だけにクレーンで吊り下げ、洗浄しながの交換は多くの人手も掛かり大掛かりでした。季節の移ろいと共に獲れる魚種も変わるので網目の大きさが違う漁網に交換するとの事でした。(11月7日撮影) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海への途中で

日を改めて”海への途中で”の再開です。晴れた朝の散歩は気分も良く陽に向かって歩けば以前に撮った被写体も新鮮に見えてしまい再び撮ってしまいます。(という訳で今回は以前撮った様な被写体が再び登場しますが、新たに撮ったものです)(11月8日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明るい漁港

晴れた朝の漁港は明るく爽やかでしたが、漁も無く静かでやや物足りない風景が広がっていました、そんな風景のなかで何故か一隻の漁業監視船が目に止まりました。今回はその漁業監視船が被写体です。(11月7日撮影)
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

海への途中で

さて、今回は海へ向かう途中の花壇などで見掛けた草花です。海への途中には花壇なども有り、残り少ない草花が精一杯咲き誇っていました。また、路傍の草花も陽を受けこれもそれなりに輝き、秋の朝の爽やかさを感じた散歩でした。(11月7日撮影)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川辺を歩く

今回は川の上流域へ向かう途中で見掛けた光景や花畑で見掛けた花などです。今の時期は道を歩いていてもそこ此処に小さな秋を見つける事ができます、そんな秋をみつけながらのさんぽでした。(11月6日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

船溜まりで秋を感じる

今回は船溜まりとその周辺で見掛けた花々です。船溜まりへ向かう途中の花壇では山茶花が見事な花を咲かせ、今が盛りとばかりに咲き誇っていました、そして船溜まりへとやって来ると此処でも漁師さんが丹精込めて育てた菊が見事に開花し思いもかけぬところで秋の深まりを感じた散歩でした。(11月4日撮影) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

海への途中で

さて、今回は何時もの様に海へ向かう途中で見掛けた光景です。見慣れた光景ながらサザンカ(ちょっと花がよれよれですが)なども咲き始め”乙姫弁天”像に飾られた菊の花にも季節の移ろいを感じた光景でした。(11月4日撮影)
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

川辺で見掛けた小さな秋 その2

”川辺で見掛けた小さな秋”のつづきです、終盤を迎えつつあるコスモスは最後の力を振り絞り健気に頑張って咲いています、柿の実は色づき青空に映え、野の草花は次の世代への準備に取り掛かり、川辺もいよいよ冬支度に入りつつある様に見えました。(10月31日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川辺を歩く

穏やかに晴れ渡った朝、川辺を歩くとベンチの上の日溜りで微睡む猫の姿を見掛け、空を見渡せば殆ど葉を落とした染井吉野と共に鱗雲が見られ長閑さの中にも深まりつつある秋を感じます、寒い冬はもうすぐです。(10月31日撮影)
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その11最終回

”曇り日の谷津バラ園”を長々と続けてしまいましたが、今回で終了です。秋バラの色と香りに魅了されつい撮り過ぎてしまった様です。お付き合い頂きありがとうございました。(10月22日撮影)      ドフト ゴールド      ガルデン ツァーヴァ’84      ベビー ブレーズ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

川辺で見つけた小さな秋 その1

さて、何時もの散歩コースも秋の深まりと共に地味ではありますが、それなりに季節の変化を見せてくれます。道の上に散った紅葉とは言い難い様な枯葉にもそれなりの季節を感じつつ川沿いを歩くと其処彼処に小さな秋を見つける事が出来ます。(10月31日撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな船溜まり

この日の船溜まりは静寂と言って良い程の静けさでした、人の気配は無くアオサギが一羽、静けさを象徴するかの様に佇んでいましたが、その静けさを破る様に突然水音が!、良く見ると沢山のボラが飛び跳ねていました。(10月26日撮影)      飛び跳ねるボラの群れ      アナゴを獲る為の漁…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その10

長々とお付き合い頂いている”曇り日の谷津バラ園”も次の回で終了です。さて今回はこの時期には珍しく蝶をみつけました、初めて見る蝶なんですが、曇り日でも頑張っている姿が健気に見えました。尚、前にも登場したクリスチャン ディオールとプリンセス ドゥ モナコの姿がやや違う感じの花があったので再登場させました。(10月22日撮影) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川辺を歩く

今回は川の上流域を歩いた時に見掛けた光景です。10月の下旬、この頃になると花はもう少なくなり華やかさは無くなりますが、それでも嫌われ者のセイタカアワダチソウの花が陽を受けて輝き、朝露を付けた草などが宝石の様に輝きそれだけでも華やかに見えてしまいす。(10月25日撮影) …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その9

”曇り日の谷津バラ園”のつづきです、だいぶ続けていますが、残りもあと僅かになってきました。散歩で花を見る機会も少なくなってきたのでバラ園が終了するともう花は無くやや寂しい感じがするこの頃です。今回もバラの紹介に終始しますが、ご覧頂ければ幸いです。(10月22日撮影)      ニュー アベマリア     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川への途中で

文字どおり、川の上流域へ向かう途中で見掛けた光景です。何時もの公園から始まり何時ものコースを辿るので見る風景は同じなんですが、気分的には何となく新鮮に見えてしまいました。(10月25日撮影)      動物病院の前で
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ススキの輝き

川辺の遊歩道から農道へ降り、畑地を歩くとススキが銀色の波を打って輝いています、何度も撮っているススキですが、この光景を見るとどうしても撮りたくなり、今回はタムロンの90mmマクロに×2のリアコンバータ使い180mmマクロの超ドアップに挑戦です。(10月25日撮影)
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その7

”曇り日の谷津バラ園”のつづきです、大分続いてしまいましたが、まだまだ続くので一休みしたいところですが、他の花写真が少ないので止むを得ず続けます、辛抱してご覧ください。(10月22日撮影)      夢      エルビス      シャルダン ドゥ フランス …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その6

”曇り日の谷津バラ園”のつづきです、今回もバラの紹介に終始しました。ご覧頂ければ幸いです。(10月22日撮影)      プリンセス アイコ      シュビレ デゥ プリンセス ドゥ モナコ     アトール      アンバサダー      ツル.…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その5

”曇り日の谷津バラ園”のつづきです、まだ葉が生え揃わず中の針金が見えてしまうキャラクターですが、愛嬌のある姿が和ませてくれます。引き続きバラの紹介ですが、もしかすると3番目と4番目は同じ品種かもしれません、ご容赦を!。(10月22日撮影)      キャロリーヌ ドゥ モナコ      ファッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その4

”曇り日の谷津バラ園”のつづきです、今回はバラの写真を並べただけですが、ご覧頂ければ幸いです。(10月22日撮影)      ポートレイト      アンソニー メイアン      アメリカン プライド      カロリーヌ      マーラ ルビン …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その3

”曇り日の谷津バラ園”のつづきです、60%の開花率とはいえ今年の秋バラも綺麗に咲いています。その影には手入れする方々の苦労があったものと思いますが、今回も沢山のバラ園の方達が花の手入れに入っており、その成果がこれらの花々に表れている様でした。(10月22日撮影)      コロンブス クイーン …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その2

”曇り日の谷津バラ園”のつづきです。今回はバラの写真を並べただけですが、ご覧頂ければ幸いです。(10月22日撮影)      ディンディ ベス      イヴ ピアッツェ      香貴      フレンチ パフューム      パラダイス …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

漁港にて その2

”漁港にて”のつづきです。貝を獲る漁船が港に帰ってきました、そして、それを待つ人達、それを見ていると漁港での営みをする人達の生活感の様なものが感じられてしまいます、漁港って良いなぁ~!。(10月21日撮影)      船を待つ
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

曇り日の谷津バラ園 その1

10月22日、曇り日ではありましたが谷津バラ園に行っていました。開花率60%と言う事と秋バラと言う事でやや寂し気ではありましたが、辺りににはバラの香が立ち込め華やいだ雰囲気にさせられました。バラの花写真だけ沢山撮ってきたので、間を見てUPして行きたいと思っております、まずはその1から御覧下さい。(10月22日撮影)    …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

海への途中で

さて、今回も海へ向かう途中で見掛けた草花です。相変わらず元気な姿を見せてくれる芙蓉の花、結構長い間咲き続けてくれるので見飽きはするものの元気を貰える花です、そして新たに光を受けて輝くススキ、海側では新参者でした。(10月21日撮影)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川辺を歩く その2再びススキを 最終回

”川辺を歩く”の取り敢えずの最終回です。さて、花の少ない川の上流域の畑地では相変わらず銀色の波打つススキが存在感を示しています。既に撮ってはいるのですが、やはり青空の下では撮りたくなってしまいます。(10月19日撮影)
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

急告! その2

先にお知らせ致しました、悪意を持ったコメントについて今般、本人より今後二度と行わない旨の謝罪のメールが届いた為それを信じ、今後更なる追及を行わない事と致しました。皆様にご心配をおかけし申し訳ありませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨後の船溜まりにて その1

さて、川の護岸上の花などを撮りながら海へと向かい船溜まりまでやって来てしまいました。流石にコンクリートの上には雨の痕跡はありませんが、そこかしこに雨滴が残り、雨の名残が感じられました。(10月18日撮影) 尚、都合により本日はコメント欄を閉じさせて頂きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨後の散歩道 その2最終回

”雨後の散歩道”の最終回です。今回も雫を蓄えた花々ですが、花そのものは何度も撮っていて見慣れたものばかりでしたが、雨滴のお蔭で別の花の様に瑞々しく新鮮でした。(10月18日撮影) 尚、都合によりコメント覧を閉じてあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海への途中で

順番が前後してしまいましたが、海へ向かう途中で見掛けた光景です。水面の太陽は昼間の月の様にも見えこの時にはまだ咲いていたランタナの花を柔らかく照らしています。徐々に川辺でも花が少なくなり、水面に映る青空が進みゆく秋を感じさせていました。(10月16日撮影)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ショッピングモールにて その2最終回

”ショッピングモールにて”の最終回です。青空に映えた洒落た建物などを撮り歩き海側の広場までやって来ると帆船にみたてた遊具が目を引きます、実際に存在した船をモデルにして作られただけあってそのリアルさには驚かされます。(10月16日撮影)      おや、帆船かな?      実は遊具(滑り台)でした …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川辺のススキ

川の上流部の畑地の周辺では今年もススキが銀色の波を見せてくれました。まだ穂がそれ程開いていないのでこれからが最盛期、陽を受けて銀色に輝く光景は何度みても見飽きづ、これからも度々出てくるかと思いますが、ご容赦下さい。(10月15日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

急告!!

お騒がせして申し訳ありません。昨日ニックネーム”名無し”と称する者から”下手くそ止めてしまえ”という悪口雑言のコメントがリンク無しで送り付けられてきました。まあ、下手くそというのはあながち外れている訳でも無いのだが、この様な行為は決して許されるものではない!、送り付けた者に抗議する!、卑怯でもあり、人間として最低レベルに値する行為だ、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰も居ないボートパーク

夏の間は多少は人の姿を見たボートパークでしたが、今は人っこ一人の姿も見られません。などと言いながら相変わらずのボートパーク風景を撮ってしまいましたが、この日は古そうな木造のヨットと林立するマストが印象的でした。(10月14日撮影)      古そうな木造ヨット     …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑地を歩く その2最終回

”畑地を歩く”の最終回です、さて、川辺の道を上流へ、更に進むともう道も無くなり川は住宅の間から細々と流れ込んでいます。その辺りまでくると周囲の風景は農地へと変わって行きます。閉じない水門やビニールハウスが秋の空の下、印象的でした。(10月12日撮影)      使われていない水門 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朽ち行く

海へ向かう途中には小川の様な川がありその川畔にはこんな家々が数件立ち並んでいます。この川は海につながり今は水門で仕切られていますが、昔は漁船が行き来出来た様で川の両側は賑わっていた様ですが、今は見る影もありません。(10月14日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

畑地を歩く その1

秋の畑地は花が少ないものの被写体が沢山見られます。満開にちかくなった十月桜、光を受けて輝くエノコログサ、色付き、虫食いだらけの染井吉野の葉等々、ヒッツキムシやセイタカアワダチソウの花さえ絵になってしまいます。(10月12日撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何時もの公園を経て川に向かう

長ったらしいタイトルで恐縮です、晴れた朝、爽やかな気分で何時もの公園の花を眺め、川を目ざし歩き続けると見掛けたワンちゃんも秋の爽やかさを満喫している様子、ワンちゃんのご主人の足取りも軽快でした。(声掛けし撮らせて頂きました。)(10月12日撮影)      いつもの公園で …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more