曇り日の畑地を歩く その2最終回

”曇り日の畑地を歩く”の取り敢えずの最終回です。残り少なくなった十月桜の花のなかにもまだ頑張って綺麗に咲いている花もあり少しではありましたが、華やかさを感じます。花畑まで足を延ばすと、花弁には前日の雨滴はまだ花に残り瑞々しさを感じた花畑でした。(11月12日撮影)


画像



画像



画像



画像



画像



この記事へのコメント

2016年12月01日 15:19
十月桜は秋から冬にかけて花が咲くので
はっと人目を引く清楚なお花ですね
2016年12月01日 17:25
あ、桜だ、優しい風情がいいなー!
2016年12月02日 12:35
ジュンさんへ
ありがとうございます。花の少ない時期だけに十月桜は貴重な存在です、小振りながらも華やかさを感じさせてくれました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月02日 12:48
イッシーさんへ
いいでしょ~!、やはり桜はいいなぁ~。コメントをお送り頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバック