初雪の日の翌朝畑地へ向かう

長ったらしいタイトルで恐縮です、他に考え付かなかったものすから。さて関東では54年ぶりの11月の初雪と言う事で年甲斐もなく気分が高揚したのですが、その日は流石に閉じ籠り、翌日晴れた朝、川の上流域へと向かいました。今回はその途中で見掛けた光景です。(11月25日撮影)


画像



画像



画像



画像



画像



この記事へのコメント

2016年12月08日 15:32
初雪には驚きました
暖かい日もありますが
また雪が降るのでしょうかね
2016年12月08日 16:09
こんにちは

記録破りの初雪でしたね
今年の冬はどんな雪景色が
見られるのでしょう
2016年12月08日 17:07
関西でも大阪は海に近いので気温は下がりません。奈良や滋賀、それに京都、兵庫、和歌山の内陸は厳しい冷え込みがあります。低いアングルでとても寒さが感じられました。
2016年12月08日 20:57
長いタイトルの方がグーグル先生に引っ掛かる確率が高くなるからいいですよ。
流石に寒そうですね!
2016年12月09日 13:01
こんにちは。
私も驚きましたが、また降るかどうか、異常気象が恒常化しつつある原因が温暖化にあるとすれば多分ドッと雪が降ったり、逆に暖かくなったりするかもしれないですね。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月09日 13:05
無門さんへ
あの日は結構降ったのですが、街中では止むとスッと溶けてなくなり直ぐに痕跡も見られませんでしたが、翌朝は冷え込み畑地では霜や雪が見られ前日の余韻を感じました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月09日 13:24
のぶちゃんさんへ
ありがとうございます。大阪は冬でも温暖なんですね、当方は都心に比べればやや温暖な方ですが、それでも冬場は冷え込み霜が降りたり雪が降ったりします。54年振りの11月の初雪は驚きましたが、その後は比較的暖かく、霜も降りていません。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月09日 13:30
イッシーさんへ
そうなんですか、知りませんでした。それならば落語の「じゅげむじゅげむ」みたいな長いタイトルを、これは冗談ですが、当日と翌朝は結構冷えて、霜もみられましたが、その後、現在も霜も降りず氷も張らずで被写体に窮しています。コメントをお送り頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバック