曇り日の街歩き その3

”曇り日の街歩き”のつづきです、モノクロを意識して街を歩くとカラーとは違った感覚で物を見る事が出来ます、色彩が有ると余りにも日常的な建物や光景もモノクロ的視点で見ると面白そうに見えてしまうのが不思議です。(11月21日撮影)


画像



画像



画像



画像



画像



この記事へのコメント

2016年12月09日 14:37
モノクロにすると、レトロな風景になって、いいですね。
板塀なんかは、特に昭和を感じさせてくれます。
2016年12月09日 15:05
本当にアルクノさんのように
レトロな感じになって
素敵な雰囲気が出ますね
2016年12月09日 16:55
こんにちは

モノクロの方が
背景に人の息吹を感じさせます
2016年12月09日 18:07
こんばんは。
白黒写真は情緒がありますね。
カラーはもちろんステキですが、
子供のころの写真はほとんど白黒なので、
とっても親しみを感じます。
2016年12月09日 23:46
面白いですね!
カラーとはまた違った面白さがありますよね。
2016年12月10日 07:16
お早うございます!
曇り日をモノクロにしたもの、流石ですね。
静かな感じがします。
2016年12月10日 12:44
アルクノさんへ
ありがとうございます。曇り日の街中という事でやや暗い雰囲気を感じたのでモノクロで明るく撮った方が良いのではと思いモノクロにしたところ以外と良い感じでした。確かに昭和っぽいですね。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月10日 13:08
ジュンさんへ
ありがとうございます。曇り日の暗いイメージを払拭する為にモノクロにしてみたのですが、それを意識するとどうしてもこんな被写体に目が行ってしまいその結果が昭和の雰囲気に繋がった様です。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月10日 13:26
無門さんへ
ありがとうございます。色が無い分、生活感の様なものを感じやすくなる様ですね。カラーでは撮る気にもなれない様なものまで撮る気になってしまうのは不思議な感じでした。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月10日 13:40
ひぽたん。さんへ
ありがとうございます。40数年前、私が写真にハマっていた頃はモノクロフィルムの自家現像、プリントもやっていましたが、その頃を思い出しながらの撮影でした。撮影からプリントまで全て自分でやるのは大変でしたが、面白くもありました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月10日 13:46
イッシーさんへ
ありがとうございます。街中が暗い雰囲気だったのでモノクロの方が却って明るく感じるのではとモノクロにしてみたのですが、カラーでは撮る気にもなれないものまで被写体になってくれて結果は正解でした。コメントをお送り頂きありがとうございました。
2016年12月10日 14:06
信徳さんへ
ありがとうございます。曇り日の為、街中の雰囲気は暗く感じ色彩は冴えず、カラーは諦めモノクロにしたのが幸いした様で、モノクロのトーンが却って明るい雰囲気に感じさせてくれました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバック