大神宮にて その1

まだ11月の下旬の頃、銀杏の黄葉はどんなものかと出かけてみたのですが、流石にもう遅く殆ど散ってしまった後で境内には掃き清め集めた落ち葉が積もり、黄葉の名残をみせていました。(11月26日撮影)


画像



画像



画像



画像



画像



この記事へのコメント

2016年12月14日 15:52
落ち葉となって掃き集められたイチョウの葉
これと対象に隙間もないように掛けられた絵馬が面白いです。
お正月前には外されるのでしょう。
2016年12月14日 16:47
こんにちは

年度末の足音が
聞こえてきそうですね
2016年12月14日 18:14
黄色い銀杏の落ち葉が風に吹かれてカサカサ音を立ててますね。
絵馬の重なり具合とシンクロしますね。
2016年12月15日 12:46
信徳さんへ
此処の黄葉は例年遅いので遅めに行ったところ既に散った後でした。止む無く清掃された葉の山でお茶を濁した様な次第です。その代わりと言ってはなんですが、絵馬が沢山奉納されていました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月15日 12:52
無門さんへ
神社も表側は静かな境内の風景が広がっていますが、中は大忙し、正月の準備で大わらわといったところでしょうか。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月15日 13:03
イッシーさんへ
ありがとうございます。黄葉を期待して行ったのですが、時既に遅しで殆ど散ってしまった後でした。止むを得ず落葉の山を撮って紅葉の雰囲気だけ感じて帰ってきました。コメントをお送り頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバック