海への途中で 朝陽眩しい散歩道

この写真を撮った頃は11月の下旬でしたが、陽は益々低く、朝日は眩しく目に映ります。家や建物には黄金色の陽光が射し、冬特有の朝の風景を見せていました。尚、写真は新たに撮ったものですが、毎回同じ所を歩くので以前に撮った建物や被写体が再び出てくる事をご容赦下さい。(11月30日撮影)


画像



画像



画像



画像



画像



この記事へのコメント

2016年12月15日 11:07
高層マンシャンの朝日
フッとしたところ・・・
輝いていますね
2016年12月15日 13:26
ジュンさんへ
ありがとうございます。このマンションに朝日が射し込んだ光景が印象的で以前にも撮った事があるのですが、再び撮ってしまいました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2016年12月16日 08:41
高層マンションと皇帝ダリアの背比べ
どちらが勝ったかな?
面白い写真ですね!
2016年12月16日 13:02
信徳さんへ
ありがとうございます。心象的には皇帝ダリヤ、物量的にはマンションという事で引き分けでしょうか、この皇帝ダリヤも今は萎れてしまい、冬の訪れを感じているところです。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバック