上架場にて

黄金色の朝日が射し込む上架場には漁船が一隻メンテナンスの為に入っていました。船首にぶら下がる大きな玉は船首が道路側の為、通行車両などに注意を促す為の物、ピカピカに磨かれたスクリューに朝日が射し、印象的な光景を見せていました。(12月8日撮影)


画像



画像



画像



画像



画像



この記事へのコメント

2016年12月19日 14:30
船首にぶら下がる大きな玉
船首が道路側の為
通行車両などに注意を促す為の物
その様な意味があるのですね
2016年12月20日 12:48
ジュンさんへ
そうなんです、本来は漁網の浮き球なんですが、こんな使われ方もありなんです。その他に赤い布を下げたり、ロープを垂らしたり等々、いろいろ工夫している様です。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバック