朝の光で

海から帰る途中で見掛けた光景ですが、何気ない風景の中に射し込む光が目に眩しく映り、無性に撮りたくなってしまいました。意味不明的な写真ですが御覧いただければ幸いです。(1月6日撮影)


画像



画像



画像



画像



画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 79

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年01月10日 17:09
こんにちは。
お日様のあたり方が良いですね~。
特に真ん中のお写真、
高い建物の間の、狭そうな道に細く入る光が目をひきましたよ。
2017年01月10日 17:12
こんにちは

世間の喧騒もなく
静かなスタートですね
2017年01月10日 17:18
陽が射しこんでくる・・・
何だかホッとしますね
2017年01月10日 20:32
廃墟となった焼き鳥屋さんが怖いくらいすごいですね。
夜は通りたくないような。。異界の入り口のような。
2017年01月11日 01:02
今晩は!
何気ない建物群ですが何かを訴えているようです。
何だかは出てこないのですが何か訴えています。
2017年01月11日 14:26
ひぽたん。さんへ
ありがとうございます。私も建物と建物の狭い道に射し込む陽射しが印象的で撮ってみたのですが、日常的でありながら非日常的な感じを受けました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2017年01月11日 14:30
無門さんへ
そうなんです、もう仕事は始まっているものの射し込む陽射しだけが、刺激的で静かな朝でした。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2017年01月11日 14:38
ジュンさんへ
ありがとうございます。何という事の無い日常的な光景だったのですが、射し込む陽射しに目が行ってしまい、撮ってしまいました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2017年01月11日 14:40
イッシーさんへ
結構長い間このままの状態で放置されたままなんですが、やはり夜は不気味ですね。コメントをお送り頂きありがとうございました。
2017年01月11日 14:48
信徳さんへ
ありがとうございます。何気ない光景でしたが、射し込む光が印象的で何となく撮りたくなってしまいました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2017年01月14日 10:50
街って、色んな面白いものが
雑多に寄り集まって出来上ってる
という印象がありますね。
4枚目のような廃屋も増えてる気がします。
2017年01月15日 15:26
yasuhikoさんへ
ありがとうございます。そうですね、色々な建物や物、そして人が入交り街を構成している様に思えます、人口減少、少子高齢化が影響しているのでしょうか、当方でもこんな廃屋が多く見かける様になりました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2017年01月20日 23:55
日を浴びた街の何気ない雰囲気がいいですね。
なかなか写真を撮らない風景のような気がします。
朝日が反射した写真もいいですね。
じっくりと充電され、また戻ってきてください。
2017年02月01日 10:58
ご無沙汰してしまい申し訳ありません。
少しずつ再開をしていきますので
今後もよろしくお願いいたします。

個人的には3枚目のお写真が好きです。
遠近法?というか奥行き感を観たものに
感じさせる技法は
絵画の世界に引き込まれる錯覚を
おぼえました。

この記事へのトラックバック