この記事へのコメント

2017年01月06日 12:00
こんにちは

港の風景は
「冬景色」に詠われるほど
人の思いを乗せてくれます
2017年01月06日 13:19
無門さんへ
ありがとうございます。ささやかな松飾でしが、それでも新年を迎える雰囲気を感じさせてくれた飾りでしたが、偶然にも海苔の収穫を終えた船が帰って来て年末と新年の両方の雰囲気を感じさせてくれました。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2017年01月06日 14:20
新年を迎えるのに相応しい
大漁の海苔
港も静かですね
2017年01月06日 19:05
こんばんは。
松が飾られた船、海苔の収穫、
どちらも年末の雰囲気が伝わってきます。
もう明日は松の内、早いものですね。
2017年01月07日 12:53
ジュンさんへ
ありがとうございます。当方では海苔の養殖も少なくなり殆どが小さな海苔業者だけになってしまいましたが、それでも東京湾の江戸前の海苔で味も良い様で、正月には欠かせない味かと思います。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。
2017年01月07日 13:00
ひぽたん。さんへ
そうですね、忙しない年末から年が明ければもう7日、明日は松が明けてしまいます。時の経つ速さに行動が追い付けないもどかしさを感じながら新たな年を迎え気ばかり焦って暮らしております。コメントに気持ち玉をお送り頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバック