テーマ:散歩写真

朝の船溜まり

新年早々、相変わらずの光景で恐縮ですが、それでも朝の光の中では新鮮に見えてしまうのが不思議です。さて早々とネタ切れになってしまいました。他に注力しなければならない事もあり暫く投稿を休みますが、ご容赦下さい。 (1月6日撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の光で

海から帰る途中で見掛けた光景ですが、何気ない風景の中に射し込む光が目に眩しく映り、無性に撮りたくなってしまいました。意味不明的な写真ですが御覧いただければ幸いです。(1月6日撮影)
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

正月のボートパークにて

正月の雰囲気を探しに漁港からボートパークまで足を延ばしてみたのですが、ボートパークでは正月飾りを付けている船は殆ど無く、僅かに2隻の船に見られただけでした。それでも無いよりはましと取り敢えずは撮ってみました。(1月6日撮影)
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

朝の光で

このところ良い天気が続いていますが、朝は冷え込み、川の上流域では霜が降り朝の光を受け輝く光景を目にし撮る物が少ない今、良い被写体になってくれています。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

船溜まりにて

さて今回も昨年末に撮った写真です。この日船溜まりで見掛けたのはリードをつけたままでご主人の居ないワンちゃんと遭遇、付近には飼い主を思われる人も無し、どうしたものかと心配しながら撮った写真でした。(2016年12月12日撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年の漁港にて

大漁旗が掲げられ、松飾で飾られた漁船が晴れがましく見えてしまう漁港の正月はそれだけで新鮮に見えてしまいます。欲を言えばもう少し風が吹いてくれれば言う事は無かったのですが、穏やかな漁港風景を見て、気持も新たに新年を迎えました。(1月1日撮影)
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

休日の朝の市場風景

市場と言えば早朝に活気のある場所ですが、この日は休日で市場は休み、人気の少ない閑散とした風景が広がっていました。今回も昨年の写真になってしまいますが、ご容赦下さい。(2016年12月11日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昨年最後の船溜まり風景

昨年最後の日の船溜まり風景です、船には既に松飾が飾られ新年を迎える準備も整い、此の年最後の海苔の収穫が行われました。年末と新しい年を迎える雰囲気を感じた船溜まりでした。(2016年12月31日撮影)
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボートパークにて

今年に入ってからまだ写真をあまり撮っていないので止むを得ず昨年末に撮った写真をUPします。流石にこの季節になると人影も全く無いボートパークでしたが、空と海のコントラストも良く、爽やかなボートパークでした。(昨年末撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初詣

毎年恒例の初詣です。今年は3日に行ったという事で、参拝の人も元日よりは少なく、参拝し易い環境でした。相変わらずの光景ですが、ご覧いただければ幸いです。(1月3日撮影)
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

初詣に燈明台に参拝する

新年早々、奇妙なタイトルで始まりました、新年明けましておめでとうございます。 さて、この燈明台についての謂れです。 橋大神宮灯明台(ふなばしだいじんぐうとうみょうだい)は、千葉県船橋市にある灯明台である。千葉県指定の有形民俗文化財になっている。 概要[編集] 江戸時代、船橋大神宮境内には常夜の鐘があり、夜間に沿岸を航海する際…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

晩秋の川辺道

川の上流部へ向かい遊歩道を歩くとこの道には一本しかない楓の葉が綺麗に色づき、今まで気づかなかった事に不思議な感覚さえ覚えました。更に歩くと畑地には穂の開いたススキが陽を受け最後の輝きを放ち、山茶花の木の下の日溜りでは猫が微睡み、長閑さを感じさせてくれた晩秋の散歩道でした。(12月12日撮影) さて、今年も年末の野暮用が山の様に溜ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海への途中で

川辺の遊歩道を海へ向って歩いていると偶然、真っ赤に色づいた楓の葉を見つけ今まで気づかななかったのが不思議な程の赤さに驚かされ、更に道路へでるとレストランの赤い幟が、”おせち賜ります”の文字を見、年の瀬を感じた散歩でした。(12月10日撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある駐車場にて

開店前のショッピングモールの駐車場へとやって来ましたが、当然の事ながら車は全く無く何も無い広場が有るだけでしたが、車の無い駐車場に面白さを感じてしまうのも朝の光のせいか、初冬を感じながらの撮影でした。(12月10日撮影)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁港にて

漁港風景も大分見慣れてしまい可成りのマンネリです。被写体が同じならレンズを変えての悪あがき、20mmで迫ってみました、ご笑覧ください。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

上架場にて

黄金色の朝日が射し込む上架場には漁船が一隻メンテナンスの為に入っていました。船首にぶら下がる大きな玉は船首が道路側の為、通行車両などに注意を促す為の物、ピカピカに磨かれたスクリューに朝日が射し、印象的な光景を見せていました。(12月8日撮影)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

船溜まりにて その1

晩秋と言うよりより初冬と言った方が合っている様な朝の陽射し、この頃は陽も低く黄金色の朝日が降り注ぎます。見慣れた船溜まりも冬の風景になりつつある様です。(12月9日撮影)
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

朝の船溜まり風景

相変わらずの船溜まり風景でしたが、朝の雰囲気は何物にも代えがたく、雰囲気にのまれ同じ様な被写体を何度も撮ってしまいます。何か変わった物でも無いかと辺りを見渡すと、高速道路の橋脚に印象的な波紋の影が!、邪魔な影が一つ有るのですが、避けようもなく止むを得ず入れてしまいました。(12月8日撮影) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁港にて 再び漁網の交換作業

年内の漁もそろそろ終了しつつある頃で何も無い漁港でしたが、また漁網の交換作業が行われており、早速撮影にかかりました。網からこぼれ落ちた魚を狙ってカモメが集まり、久し振りに人とカモメで賑わう漁港でした。(12月8日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初冬の畑地を歩く

今の時期、畑地や農道を歩くと目にする物は茶色の光景ばかり、緑と言えるものは生命力の強い草のみです。こんな時には枯れた草原の中にうち捨てられた木材や倒れた杭などが何故か目に入り、調整池の葦の茶色が印象に残ります。(12月5日撮影)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

船溜まりにて

船溜まりの風景も被写体も相変わらずですが、初冬の朝の陽射しが季節の移ろいを感じさせてくれます。まだ硬いアロエの蕾は上に向かって元気さを誇示している様にも見え、動く事の無い汚れうらぶれた2艘のヨットが今の船溜まりの侘しさを感じさせます。(11月30日撮影)
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

枯野を歩く

曇りがちの晴れといった思わしくない天候の朝、川の上流域を歩いてみたのですが、既に緑は消え、全てが茶色の冬景色、畑地には枯野が広がっていました。(11月29日撮影)
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大神宮にて その2最終回

”大神宮にて”の最終回です。殆ど散ってしまった銀杏の葉ですが、それでも僅かに残っているものも有りそれらを撮り、眺めながら大神宮を後にしました。(11が26日撮影)
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海への途中で 朝陽眩しい散歩道

この写真を撮った頃は11月の下旬でしたが、陽は益々低く、朝日は眩しく目に映ります。家や建物には黄金色の陽光が射し、冬特有の朝の風景を見せていました。尚、写真は新たに撮ったものですが、毎回同じ所を歩くので以前に撮った建物や被写体が再び出てくる事をご容赦下さい。(11月30日撮影) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大神宮にて その1

まだ11月の下旬の頃、銀杏の黄葉はどんなものかと出かけてみたのですが、流石にもう遅く殆ど散ってしまった後で境内には掃き清め集めた落ち葉が積もり、黄葉の名残をみせていました。(11月26日撮影)
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大町公園を歩く

12月3日、市川の大町公園もみじ山へ行ったついでに大町公園の中も少し歩いてみました。此処は谷の様な盆地で一帯には地下水が湧き出る湿地の様になっており、その上をコンクリート製の遊歩道が設けられ散策出来る様になっていて四季折々の自然を楽しむ事が出来ます。中央の池にはカワセミなどの野鳥がやって来るのでその周りには鳥撮りさん達の砲列が並びます。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初雪の日の翌朝川辺を歩く その4最終回

長いタイトルも最終回となりました。前日の雪の痕跡も少なく、それを探しつつ歩き、それをまとめたのが今回です。雪の少ない土地柄だけに僅かな雪でも貴重で嬉しいもの雪害の無い地方特有の思いかも知れません。(11月25日撮影)
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

曇り日の船溜まり その2最終回

”曇り日の船溜まり”の最終回です。さて、この日は街中と船溜まり双方で暗い風景が目に付き、止む無くモノクロで撮ってみたのが幸いし、意外と明るい調子になってくれたは以外でした。これで暫くはモノクロともお別れですが、また忘れた頃に再挑戦してみようなどと思っております。お付き合い頂きありがとうございました。(11月21日撮影) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初雪の日の翌朝川辺を歩く その3

前回のつづきです、さて、前回同様に前日の雪の名残を探しながらの撮影行でしたが、晴れて陽射しがあるものの気温がまだ低い為か、葉は花にはまだ雪が凍り付いて残っている物も多数あり、可成りの雪が降った事が想像されます。それらの残雪が陽に輝く光景も美しいものでした。(11月25日撮影) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more