初詣に燈明台に参拝する

新年早々、奇妙なタイトルで始まりました、新年明けましておめでとうございます。
さて、この燈明台についての謂れです。

橋大神宮灯明台(ふなばしだいじんぐうとうみょうだい)は、千葉県船橋市にある灯明台である。千葉県指定の有形民俗文化財になっている。
概要[編集]
江戸時代、船橋大神宮境内には常夜の鐘があり、夜間に沿岸を航海する際の目安にされていたが、1868年(慶応4年)に起きた戊辰戦争の戦災によって焼失してしまった。その為本格的な施設の再建が望まれ、地元有志らの寄付によって同大神宮境内の小高い丘(標高27m)に船橋大神宮灯明台が建てられた。建造地にはかつて浅間神社があったことから「浅間灯明台」と呼ばれていた。
1880年(明治13年)の設置から1895年(明治28年)に停止するまで、「政府公認の民設灯台」として機能していた。光源の石油ランプに錫製の反射鏡を組合わせた構造となっており、光は11km(6海里)先まで届く程だったといわれる。1階と2階は和風で、3階の灯室が西洋風の造りとなっている

というもので毎年、正月の三が日のみ開放されており、今年も参拝を兼ねて行ってまいりました。

やや出遅れの感がありますが、本年も宜しくお願い致します。


画像



画像



画像



画像



画像



画像



"初詣に燈明台に参拝する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント